ホーム » 新着情報 » 2016年度JICA課題別研修「港湾開発・計画(港湾技術者のための)」が開始されました。

新着情報

2016年度JICA課題別研修「港湾開発・計画(港湾技術者のための)」が開始されました。

 2016年6月6日から8月12日迄の日程で、JICA課題別研修「港湾開発・計画」が開始され、アンゴラ、カンボジア、インドネシア、マダガスカル、モザンビーク、パプアニューギニア、フィリピン、サモア、スリランカ、タンザニア、トンガ、ベトナムの12カ国から16名の研修員が来日しています。各自、自国の港湾の現状、開発に対する課題を報告書にまとめて持参し、研修員および、講師の前でプレゼンテーションを行いました。
 研修員は、OCDIを始めとする講師陣、更には国土技術政策総合研究所、独立行政法人港湾空港技術研究所の研究者による講義を踏まえて、自国の港湾整備に係る諸問題に対する実現可能なアクション・プランを策定することとしています。約2ヶ月半の研修の中では、日本国内の各地方整備局、港湾管理者等のご協力を頂き、コンテナターミナル、バルクターミナル等の港湾視察も行います。本研修をとおし、日本で実践されている既存施設の有効活用、費用対効果、環境影響評価に配慮した港湾開発に触れることで、自国の港湾開発に対するイメージを具体化する一助となることが期待されています。

 

OCDI富田理事長による開講挨拶

 

インセプションレポートプレゼンテーション