ホーム » 新着情報 » モザンビーク国運輸通信省(MTC)と意見交換を致しました。

新着情報

モザンビーク国運輸通信省(MTC)と意見交換を致しました。

平成26年11月19日(水)、モザンビーク国運輸通信省(MTC)のAna Matusse Dimande 国家陸上交通院(INATTER)総裁兼ナカラ港プロジェクトコーディネーターがOCDIを訪れ、岡田理事長他センター役職員及び日本側コンサルタント等とナカラ港のインフラに関する意見交換を致しました。OCDIは、2012年からナカラ港における技術移転をODAの枠組みの中で実施しています。

モザンビーク側一行には、ナカラ港に関係する機関である鉄道港湾公社(CFM)及び北部回廊開発社(CDN)の代表が同行し、日本側出席者との間で老朽化したインフラの改善策について、活発な議論を行いました。

モザンビーク代表団との意見交換.jpg
モザンビーク代表団との意見交換

 

 

 

前へ » 平成26年度JICA課題別研修「ASEAN地域港湾保安セミナー」が開催されました。
次へ » 第3回 国際人材養成研修開催のお知らせ